新燃費基準のWLTCとMazda CX-3のガソリン車

新燃費基準のWLTCモード


現在,自動車のカタログ等に記載されている燃費は「JC08モード」と呼ばれるものであるが,2018年10月以降に販売する新型車は「WLTCモード」の燃費表示が義務化される予定とのこと.WLTCモードは世界統一試験サイクルであり,3つの走行モード

  • 市街地モード(WLTC-L)
  • 郊外モード(WLTC-M)
  • 高速道路モード(WLTC-H)

の国際的な試験方法で燃費を測定するものらしい.実際の使用実態を意識したテストであり実質燃費により近い値となるようである(WLTC – Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle).

先日,この新しい「WLTCモード」の認可をマツダのCX-3のガソリン車が取得したとこのこと(「マツダ CX-3」がWLTCモード走行試験の認可を取得).CX-3は国内ではディーゼルエンジンモデルのみをラインアップしたユニークな車であったが,今夏,ガソリン車の販売が噂されていた.

CX-3 SKYACTIV-G 2.0 のFF車の燃費は次のとおり

  • WLTCモード燃費: 16.0 km/L (市街地モード: 12.2 km/L,郊外モード: 16.8 km/L,高速道路モード: 18.0 km/L)

JC08モード燃費は 17.0 km/L とのことであり,WLTCモード燃費はJC08モードより5.9%程低い値となっている.

走行モード別の燃費が表記により,郊外モード,高速道路モードではWLTCモード燃費を上回る燃費となることがわかる.車の使用状況によってどの程度の燃費になるのか把握できる点で従来のJC08モードよりもユーザにとっては嬉しい.

ちなみに,自分は 2.0L 直噴ガソリン車に乗っているが,街乗りの燃費は 6km/L台である(汗).高速道路でも 10 km/L を超える程度であり,燃費だけみると SKYACTIV-G 2.0 エンジンはかなり優秀に見える.

Mazda CX-3のガソリン車


CX-3は現在,国内では 1.5L ディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.5)を搭載したモデルのみが販売されているが,WLTCモードの認可取得の発表により,今夏に 2.0L ガソリンエンジン(SKYACTIV-G 2.0)の搭載モデルの投入が確実になった.

 

MAZDA CX-3
MAZDA CX-3(マツダのサイトより)

CX-3搭載のSKYACTIV-D 1.5 は,その燃費の良さもさることながら 1,600 rpm 〜 2,500 rpm で 270 Nm (27.5kgf m)という圧倒的なトルクを発するエンジンである.2.5L の自然吸気ガソリンエンジン並のトルクである.海外(UK,オーストラリア,US等)ではCX-3にガソリンエンジン搭載車も販売されていたが(USはガソリンエンジンのみ),なぜか日本国内では,ディーゼルエンジン一本での販売となっていた.CX-3 が登場した当時,そのうち国内でもガソリンエンジンが投入されるだろうと予想はしていたが…

UK のCX-3 ガソリン車には SKYACTIV-G 2.0 エンジンが搭載されており,120ps 仕様と 150ps 仕様が存在する(参考ページ).これらと SKYACTIV-D 1.5 (1.5L ディーゼルエンジン) のトルク,パワーを比較してみた.

 

CX-3 Power and Torque, SKYACTIV-D 1.5 vs SKYACTIV-G 2.0(UK model)

1.5 Dの圧倒的な低中速トルクがみてとれる.3,600〜3,700 rpm 回転以下では,1.5Dがトルク,パワー共に 2.0 G を上回るが,それ以上の回転数では,2.0Gがトルク,パワー共に大きい.日常回転域では 1.5 D が余裕がある一方,上まで回して楽しいの2.0 G ということになる.

SKYACTIV-D 1.5 エンジンは,CX-3 以外に DEMIO と AXELA にも搭載されている.一方,SKYACTIV-G 2.0は,ATENZA,CX-5,Roadstar RF 等に搭載されている(AXELAにも搭載されていたが,1.5 D モデルの登場によって 2.0 G モデルは消滅している).

CX-3 の車格的には 1.5 L ガソリンエンジンでも良さそうであるが,海外モデルもそのまま持ってこれるということから 2.0 L エンジン搭載となったのだろう.1.5 L エンジン搭載であれば,DEMIO 購入層も触手が伸びるような価格帯となりそうだが,DEMIOと共食い状態になってMAZDAさん的にはあまり嬉しくないのかもしれない?!

普段の走行距離の少ないユーザにとっては,ガソリンエンジンがラインナップに加わるのは歓迎されるのではないかと思う.上を殺した 120 ps 仕様とかでないことを祈る(【追記】国内モデルは 148 ps で登場).

 

【参考ページ】

イギリス仕様の CX-3 のエンジン

Be a CX-3 Driver! 

“新燃費基準のWLTCとMazda CX-3のガソリン車” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です