マツダ CX-3 ディーゼル車とガソリン車のトルク/パワーカーブ

CX-3のガソリン車発表される前に,以前,記事で英国でリリースされているCX-3ガソリン車のトルク・パワーカーブと国内のCX-3 ディーゼル車のエンジン特性(トルク/パワーカーブ)を比べてみたが,国内のガソリン車のスペックが発表されたので,再度,比べてみる.

CX-3のエンジン諸元


まず,ガソリン車とディーゼル車のエンジン諸元を下記に示す.

CX-3 20S(SKYACTIV-G 2.0)とXD(SKYACTIV-D 1.5) のエンジン諸元

SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-D 1.5
形式 PE-VPS型 S5-DPTS型
種類 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 直噴ターボ
総排気量 (L) 1.997 1.498
ボアxストローク (mm) 83.5 x 91.2 76.0 x 82.6
圧縮比 13.0 14.8
最高出力 109 kw (148 PS)/6,000rpm 77 kw (105 PS)/4,000rpm
最大トルク 192 N m (19.6 kgf m)/2,800rpm 270 N m (27.5 kgf m)/1,600-2,500rpm

 

CX-3 のトルク/パワー特性


CX-3 が搭載するSKYACTIV-G 2.0 のエンジン特性グラフは見つけ出せなかったので,以前用いた英国版の特性グラフ(参考ページ)とアテンザが搭載するSKYACTIV-G 2.0 のグラフから想像して描いてみた.なおアテンザ(CX-5やアクセラも)の G 2.0 は最高出力 114 kW(155 PS)/6,000 rpm,最大トルク 196 N・m(20.0 kgf・m)/4,000 rpm である.一方,CX-3 が搭載するガソリンエンジンは,最大トルクの発生回転数が 2,800 rpm となっており,最高出力も 109 kW と少々落としたセッティングとなっている.中高回転域(3,000 rpm付近から上)でトルクを削っている感じである.

エンジンのトルク/パワー特性のグラフを以下に示す.

CX-3 トルク/パワー特性(CX-3 SKYACTIV-G 2.0は予想)

SKYACTIV-Gは最大トルクを発生する 2,800 rpm から 6,000 rpm の手前ぐらいまでの回転数で,180 Nm 〜 190 Nm のほぼフラットなトルクとなっていると思われる.このフラットなトルク特性のため回転上昇に伴う出力の出方もリニアな感じになっている.D 1.5 は4,000 rpm で最高出力と発生して,そこを超える回転域では馬力が落ち込んでいくが,G 2.0 は6,000 rpm まで伸びていく感じである.この回転域の伸びはガソリン車の魅力である(あまり使う頻度は少ないだろうが…)

SKYACTIV-Dの低回転域でのトルクの大きさはやはり凄い.しかも,この回転域は常用回転域であり,普段よく使う回転域でトルクが太いというのはディーゼル車のおいしいところである.トルクもありそれでいて燃費もいいのがディーゼル車のメリットである.

Be a CX-3 Driver!

【参考ページ】

イギリス仕様の CX-3 のエンジン

【関連ページ】

新燃費基準のWLTCとMazda CX-3のガソリン車

 

【追記】

  1. Typoの修正(2017-10-06)
  2. 参考ページ(イギリス仕様の CX-3 のエンジン)を追加(2017-07-04)
  3. トルク/パワー特性のグラフの誤植を修正(2017-07-03)

“マツダ CX-3 ディーゼル車とガソリン車のトルク/パワーカーブ” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です