ソウルレッドクリスタルメタリックとソウルレッドプレミアムメタリック

過去記事「ソウルレッドプレミアムメタリックとソウルレッドクリスタルメタリック」のビュー数がかなり高くなっている。いつも訪問・閲覧,ありがとうございます。調子にのって,第二段!的な記事を(笑)タイトルも微妙に変えて…

ソウルレッド


初代ソウルレッドの正式名称は「ソウルレッドプレミアムメタリック」であるが,2017年2月より販売を開始した2代目のCX-5(KF系)から新たに「ソウルレッドクリスタルメタリック」という名称のカラーが採用された。それ以降に商品改良されたマツダ車,具体的にはCX-3(2017年7月〜),アクセラ(2017年9月〜),デミオ(2017年12月〜),ロードスター(2017年12月〜)にこの新色が採用されている。 新色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」と従来までの「ソウルレッドプレミアムメタリック」の色の違いは,ぱっとみた感じでは判別が難しいが,新色のほうがより深みを増した赤色となっている。プレミアムメタリックのほうが若干明るい赤色である。

ソウルレッドクリスタルメタリック(手前)とソウルレッドプレミアムメタリック(奥)

マツダのクルマづくり 匠塗 -TAKUMINURI-」のページによると次のように語られている

ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をさらに進化。 瑞々しく艶やかな透明感を実現した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせる。

ソウルレッドプレミアムメタリック

「鮮やかさ」を追求し、相反する「深み」の表現も両立。 光の強弱や見る角度の違いによって表情を変える、艶やかな透明感と精巧な陰影のメリハリを兼ね備える。

  「ソウルレッドクリスタルメタリック」は「ソウルレッドプレミアムメタリック」よりも彩度を約2割,深みを約5割ましてより瑞々しく艷やかな透明感を得た,とのこと。塗膜層を「クリア層」「透過層」「反射層」からなるシンプルな3層構成としているとのこと。

ソウルレッドクリスタルメタリック
ソウルレッドプレミアムメタリック

過去の画像ツイートから


これだけだと,過去記事と情報量が変わらないので(笑),これまでに呟いたクリスタルメタリックとプレミアムメタリック(一部,おそらくも含む)の画像ツイートをいくつか貼り付けておく。やはり写真でみても(写真だから?!)判別は難しい。  

 

ライトアップされる CX-3,この陰影がたまらない…

おまけ


VEZEL「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」と「ソウルレッドクリスタルメタリック」なんと,VEZELさんは,プレミアムでクリスタルな赤である!

赤色3台並び

   

Be a CX-3 Driver!

【関連記事】 http://cx3.nobuya.mydns.jp/blog/2017/06/27/soulred/

コメントを残す