マツダCX-3 2018年1月の販売台数(41位,1,323台)

一般社団法人日本自動車販売協会連合会が先月(2018年1月)の新車乗用車販売台数月別ランキング(乗用車ブランド通称名別順位)を発表している。

気になる?!マツダCX-3の2018年1月の販売台数は,乗用車ブランド通称名別順位では41位(1,323台)だった。先々月(12月)は779台,11月は953台,10月は1,104台,9月は2,179台で,8月は 1,415台,7月は2,071台であった。7月にはかろうじてぎりぎり30位にランクインしていたが,30位以内のランクインはひと月限りでランキング圏外の常連にもどりつつある。2017年11月と12月は2ヵ月連続の3桁クラブに返り咲いていたが,2018年1月は4桁に盛り返した(笑)

これまでの販売台数


これだけでは,あれなので自販連のページのデータからCX-3の販売台数(登録)をまとめてみる(ほとんど先月の記事からのコピーペーストであるが…)。括弧内の数字は乗用車ブランド通称名別順位であり,30位圏外は — としている。

2018年 2017年 2016年 2015年
1月 (–) 1,323 (–) 1,283 (24) 2,915 —–
2月 (–) 1,447 (24) 3,247 (29) 2,506
3月 (–) 2,079 (–) 2,317 (22) 5,503
4月 (–) 664 (–)1,006 (16) 3,259
5月 (–) 725 (–) 1,422 (17) 3,286
6月 (–) 481 (–) 1,522 (23) 2,807
7月 (30) 2,071 (–) 1,350 (26) 2,722
8月 (–) 1,415 (–) 991 (25) 2,323
9月 (–) 2,179 (–) 1,462 (26) 2,984
10月 (–) 1,104 (–) 598 (–) 1,005
11月 (–) 953 (30) 2,103 (27) 2,088
12月 (–) 779 (–) 939 (–) 1,537



商品改良後はランクインする月もあるが,最初の年を除いてほとんどランク外の販売台数のようである。ガソリン車投入の効果もそれほどなかったか?! ガソリン車が1.5L だったらとか,ガソリン車にMT設定とかあれば,もう少し台数が稼げていたかもしれない。まぁ,そんなに売れる車だとは思わないが… (笑)ガソリン車投入の7月以降,3桁クラブからは脱出できていたが,11月に5ヵ月ぶりに3桁クラブに返り咲き,2ヵ月連続で3桁クラブであったが,1月は脱出できたようである。

2017年の販売台数合計は15,180台で前年対比で76.4%(2016年は19,872台)と2017年を通しても,ガソリンモデルの投入があったにもかかわらず2016年より販売台数を下げている。

ちなみに,自分のCX-3は8月に納車されたが登録は7月である。

Be a CX-3 Driver!

【参考ページ】

乗用車ブランド通称名別順位,自販連PDF

【関連ページ】

CX-3 20S PROACTIVE 納車!

マツダCX-3 2017年12月の販売台数(30位圏外,779台)

マツダCX-3 2017年11月の販売台数(30位圏外,953台)

マツダCX-3 2017年7月の販売台数(30位 2,071台)

マツダ CX-3 ガソリン車発売(2017年7月27日)

マツダ,CX-3 にガソリンエンジン車を追加