マツダ CX-3 ディーゼル車 1.8L と 1.5L のエンジン特性(妄想)

5月ぐらいに2018年型のCX-3がリリースされたわけだが,新型はディーゼルエンジンが従来の1.5Lから1.8Lへと排気量アップされた。排気量アップで大幅なパフォーマンス向上というわけではなく,マツダは「ライトサイジング」と言っており,欧州の排ガス規制への対応が主目的のようである。高負荷になると急激にNOx 排出量が増えるそうで,排気量を増やすことで対応できる負荷を高くすることで高負荷領域でのNOx 排出量増加を避ける必要があったらしい。

まず,新旧のディーゼル車のエンジン諸元を下記に示す.

CX-3 XD (SKYACTIV-D 1.8 と SKYACTIV-D 1.5) のエンジン諸元

SKYACTIV-D 1.8 SKYACTIV-D 1.5
形式 S8-DPTS型 S5-DPTS型
種類 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 直噴ターボ 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 直噴ターボ
総排気量 (L) 1.756 1.498
ボアxストローク (mm) 79.0 x 89.6 76.0 x 82.6
圧縮比 14.8 14.8
最高出力 85 kw (116 PS)/4,000rpm 77 kw (105 PS)/4,000rpm
最大トルク 270 N m (27.5 kgf m)/1,600-2,600rpm 270 N m (27.5 kgf m)/1,600-2,500rpm

 

CX-3 のディーゼルエンジンのトルク/パワー特性


SKYACTIV-D 1.5 の特性カーブを元に D 1.8 の特性カーブを(想像して)描いてみた。最高トルク自体は 270 N m で変わらないものの,最高トルクを発生する回転数が D 1.5 の 1,600-2,500 rpm から 1,600-2,600 rpm と高回転側に 100 rpm ほど伸びている。最高出力を発生する4,000 rpm あたりのトルクを求めて(203 N mぐらい)そこへ向かった適当なトルクカーブを作り,トルクを元にパワーカーブを描いた。1,600 rpmより下のトルクカーブは適当である。

CX-3 XD Engine performance curves
CX-3 XD Engine performance curves

2,500 rpm より下の低回転領域は,D 1.5 でも太いトルクでこのクラスの車両にしては申し分ないスペックだと思う。D 1.8 では,排気量アップに伴う大幅なパフォーマンスアップはないとは言っても,2,500 rpm より上の回転域でのトルクアップと,それに伴う馬力アップが図られている(と思われる)。

4,000 rpm ぐらいまでシフトダウンなしでアクセル踏み込むだけでグイグイ加速していくのではないだろうか?(自分のはガソリン車なので,こんな高トルクの車両はあまり経験していない…)

Be a CX-3 Driver!

【関連ページ】

マツダ CX-3 ディーゼル車とガソリン車のトルク/パワーカーブ