CX-3のステアリングホイール

CX-3のカタログを眺めていると登場当初と最近のモデルではステアリングホイールのスイッチ類のデザインが変更になっていることに気づいた(今更ながら…).

新旧モデルのステアリングホイール


現行モデルのステアリング

現モデルのステアリング

スイッチの真ん中にも機能が設定されているようである.先日,試乗した際にスイッチの感触が少々フニャフニャに感じたような…

旧モデルのステアリング

CX-3 ステアリング(旧)

昨年(2016年)末の改良モデルより前のモデルで採用されていたステアリングである.この旧モデルのほうがスイッチが別れておりなんとなく操作しやすそうな感じがしないでもない.

穴空き加工はなし


現モデルも旧モデルもステアリングホイールは革巻きであるが,グリップ部分が穴空き加工(ディンプル加工)とはなっていないようである.現在,乗っている車両ではグリップ部分が穴空き加工となっている(手脂でテカッているが… 汗).

現車両のステアリング

最近では,穴空き加工の革巻きステアリングを装備しているのはわりとスポーティな車両だけなのだろうか? しかしNDロードスターは穴なしだったような気がする.

純正ステアリングホイールもかっこいいデザインだと思うが,純正ステアリングが気に入らなければ社外品を装着したくなるかもしれない.

社外品のステアリング


ちょっと社外品でヨサゲなステアリングを調べてみた

(1) KENSTYLE,STEERING(MAZDA CX-3 (DK) 2016.11- )

(2) AutoExe,Sports Steering Wheel

どちらも,下側をカットしたフラットボトム(D型シェイプ)のデザインでスポーティなデザインである.赤ステッチとか掻き立てられるものがある.

KENSTYLE は2016.11以前のモデルのほうが個人的にはかっこよく思う.AutoExeは現行モデルのものもなかなかいい感じのデザインに思う.

安価にすませるのであれば革を自分で巻く商品もあるみたいだが.綺麗に巻けるのか自信がない(汗)

まだ,納車されていないのに夢だけは膨らむ(笑)

Be a CX-3 Driver!

【関連ページ】

マツダ CX-3 20S PROACTIVE 試乗

マツダ CX-3 20S PROACTIVE 予約