マツダCX-3 2018年9月の販売台数(34位,2,183台)

一般社団法人日本自動車販売協会連合会が先月(2018年9月)の新車乗用車販売台数月別ランキング(乗用車ブランド通称名別順位)を発表している。

気になる?!マツダCX-3の2018年9月の販売台数は,乗用車ブランド通称名別順位では34位の2,183台だった。 先々月(8月)は1,312台(36位),7月は,852台(45位),6月は,1,085台(44位),5月は2,060台(32位),4月は567台(ランク圏外),3月は2,258台(40位),2月は1,439台(40位),1月は1,323台(41位),2017年12月は779台,11月は953台,10月は1,104台,9月は2,179台で,8月は 1,415台,7月は2,071台であった。7月に3桁クラブ戻りをしていたが,8月,4桁に返り咲き,9月も4桁で2,000台超えとなった。

CX-3

 

これまでの販売台数


これだけでは,あれなので自販連のページのデータからCX-3の販売台数(登録)をまとめてみる(ほとんど先月の記事からのコピーペーストであるが…)。括弧内の数字は乗用車ブランド通称名別順位であり,30位圏外(2015年〜2017年),50位圏外(2018年)は — としている。

2018年 2017年 2016年 2015年
1月 (41) 1,323 (–) 1,283 (24) 2,915 —–
2月 (40) 1,439 (–) 1,447 (24) 3,247 (29) 2,506
3月 (40) 2,258 (–) 2,079 (–) 2,317 (22) 5,503
4月 (–) 567 (–) 664 (–)1,006 (16) 3,259
5月 (32) 2,060 (–) 725 (–) 1,422 (17) 3,286
6月 (44) 1,085 (–) 481 (–) 1,522 (23) 2,807
7月 (45) 852 (30) 2,071 (–) 1,350 (26) 2,722
8月 (36) 1,312 (–) 1,415 (–) 991 (25) 2,323
9月 (34) 2,183 (–) 2,179 (–) 1,462 (26) 2,984
10月 (–) 1,104 (–) 598 (–) 1,005
11月 (–) 953 (30) 2,103 (27) 2,088
12月 (–) 779 (–) 939 (–) 1,537



2018年 5月に商品改良版が発表されて,販売店への登録車や事前予約等で5月は台数を稼ぎ,6月はその反動で落ち込み,7月は西日本豪雨の影響(工場の操業停止?)も少なからずあったのかもしれないが,3桁台へ。8月は4桁に戻し,9月は2,000台超えとなった。9月は決算期のところもあり販売に力が入ったのだろう。
昨年同月比では100.2%で,ほぼ同じ水準である。

なお,2018年度上半期(4月〜9月)の販売台数は8,059台で37位,前年比で107.0%となっている。 昨年度の上半期を7%上回る台数となっている。


ちなみに,自分のCX-3は2017年8月に納車されたが登録は7月である。

Be a CX-3 Driver!

【参考ページ】

乗用車ブランド通称名別順位,自販連PDF

【関連ページ】

マツダCX-3 2018年8月の販売台数(36位,1,312台)

マツダCX-3 2018年7月の販売台数(45位,852台)

CX-3 20S PROACTIVE 納車!

マツダ CX-3 ガソリン車発売(2017年7月27日)

マツダ,CX-3 にガソリンエンジン車を追加

マツダCX-3 2018年8月の販売台数(36位,1,312台)

一般社団法人日本自動車販売協会連合会が先月(2018年8月)の新車乗用車販売台数月別ランキング(乗用車ブランド通称名別順位)を発表している。

気になる?!マツダCX-3の2018年8月の販売台数は,乗用車ブランド通称名別順位では36位の1,312台だった。 先々月(7月)は,852台(45位),6月は,1,085台(44位),5月は2,060台(32位),4月は567台(ランク圏外),3月は2,258台(40位),2月は1,439台(40位),1月は1,323台(41位),2017年12月は779台,11月は953台,10月は1,104台,9月は2,179台で,8月は 1,415台,7月は2,071台であった。4月に3桁クラブに返り咲いていたが,5月に2,000台超と盛り返し,6月もかろうじて4桁に留まったが,7月に3桁クラブへ復帰し,8月,4桁に返り咲いた。

CX-3

 

これまでの販売台数


これだけでは,あれなので自販連のページのデータからCX-3の販売台数(登録)をまとめてみる(ほとんど先月の記事からのコピーペーストであるが…)。括弧内の数字は乗用車ブランド通称名別順位であり,30位圏外(2015年〜2017年),50位圏外(2018年)は — としている。

2018年 2017年 2016年 2015年
1月 (41) 1,323 (–) 1,283 (24) 2,915 —–
2月 (40) 1,439 (–) 1,447 (24) 3,247 (29) 2,506
3月 (40) 2,258 (–) 2,079 (–) 2,317 (22) 5,503
4月 (–) 567 (–) 664 (–)1,006 (16) 3,259
5月 (32) 2,060 (–) 725 (–) 1,422 (17) 3,286
6月 (44) 1,085 (–) 481 (–) 1,522 (23) 2,807
7月 (45) 852 (30) 2,071 (–) 1,350 (26) 2,722
8月 (36) 1,312 (–) 1,415 (–) 991 (25) 2,323
9月 (–) 2,179 (–) 1,462 (26) 2,984
10月 (–) 1,104 (–) 598 (–) 1,005
11月 (–) 953 (30) 2,103 (27) 2,088
12月 (–) 779 (–) 939 (–) 1,537



2018年 5月に商品改良版が発表されて,販売店への登録車や事前予約等で5月は台数を稼ぎ,
6月はその反動で落ち込み,7月は西日本豪雨の影響(工場の操業停止?)も少なからずあったのかもしれないが,3桁台へ。8月は4桁に戻したが5月ほどまでではない。
昨年比では92.7%は,昨年の8月は年次改良版発表直後だったにもかかわらず,1,400台超と少し振るわない月であったが,今年の8月はそれにも届かなかった。個人的には,今年5月の改良でかなり熟して完成度が高くなっているとは思うのだが…


ちなみに,自分のCX-3は2017年8月に納車されたが登録は7月である。

Be a CX-3 Driver!

【参考ページ】

乗用車ブランド通称名別順位,自販連PDF

【関連ページ】

マツダCX-3 2018年7月の販売台数(45位,852台)

マツダCX-3 2018年6月の販売台数(44位,1,085台)

CX-3 20S PROACTIVE 納車!

マツダ CX-3 ガソリン車発売(2017年7月27日)

マツダ,CX-3 にガソリンエンジン車を追加

マツダ CX-3 ディーゼル車 1.8L と 1.5L のエンジン特性(妄想)

5月ぐらいに2018年型のCX-3がリリースされたわけだが,新型はディーゼルエンジンが従来の1.5Lから1.8Lへと排気量アップされた。排気量アップで大幅なパフォーマンス向上というわけではなく,マツダは「ライトサイジング」と言っており,欧州の排ガス規制への対応が主目的のようである。高負荷になると急激にNOx 排出量が増えるそうで,排気量を増やすことで対応できる負荷を高くすることで高負荷領域でのNOx 排出量増加を避ける必要があったらしい。

まず,新旧のディーゼル車のエンジン諸元を下記に示す.

CX-3 XD (SKYACTIV-D 1.8 と SKYACTIV-D 1.5) のエンジン諸元

SKYACTIV-D 1.8 SKYACTIV-D 1.5
形式 S8-DPTS型 S5-DPTS型
種類 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 直噴ターボ 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 直噴ターボ
総排気量 (L) 1.756 1.498
ボアxストローク (mm) 79.0 x 89.6 76.0 x 82.6
圧縮比 14.8 14.8
最高出力 85 kw (116 PS)/4,000rpm 77 kw (105 PS)/4,000rpm
最大トルク 270 N m (27.5 kgf m)/1,600-2,600rpm 270 N m (27.5 kgf m)/1,600-2,500rpm

 

CX-3 のディーゼルエンジンのトルク/パワー特性


SKYACTIV-D 1.5 の特性カーブを元に D 1.8 の特性カーブを(想像して)描いてみた。最高トルク自体は 270 N m で変わらないものの,最高トルクを発生する回転数が D 1.5 の 1,600-2,500 rpm から 1,600-2,600 rpm と高回転側に 100 rpm ほど伸びている。最高出力を発生する4,000 rpm あたりのトルクを求めて(203 N mぐらい)そこへ向かった適当なトルクカーブを作り,トルクを元にパワーカーブを描いた。1,600 rpmより下のトルクカーブは適当である。

CX-3 XD Engine performance curves
CX-3 XD Engine performance curves

2,500 rpm より下の低回転領域は,D 1.5 でも太いトルクでこのクラスの車両にしては申し分ないスペックだと思う。D 1.8 では,排気量アップに伴う大幅なパフォーマンスアップはないとは言っても,2,500 rpm より上の回転域でのトルクアップと,それに伴う馬力アップが図られている(と思われる)。

4,000 rpm ぐらいまでシフトダウンなしでアクセル踏み込むだけでグイグイ加速していくのではないだろうか?(自分のはガソリン車なので,こんな高トルクの車両はあまり経験していない…)

Be a CX-3 Driver!

【関連ページ】

マツダ CX-3 ディーゼル車とガソリン車のトルク/パワーカーブ