マツダ CX-3 ガソリン車(2017モデルと2018モデル)のエンジン特性(妄想)

5月ぐらいに2018年型のCX-3がリリースされたわけだが,新型ではガソリン車もエンジンに改良がはいり微妙にパフォーマンスアップが図られている。
基本的には大きな変化はないのだが,最大トルクと最高出力がアップされている。
具体的には,最大トルクが +3 (Nm),最高出力が +1(kW) (+2 (ps)) である。

まず,新旧のガソリン車のエンジン諸元を下記に示す。

CX-3 20S SKYACTIV-G 2.0 2018モデルと2017モデルのエンジン諸元

SKYACTIV-G 2.0 (2018) SKYACTIV-D 2.0 (2017)
形式 PE-VPS型 PE-VPS型
種類 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ 水冷直列4気筒DOHC 16バルブ
総排気量 (L) 1.997 1.997
ボアxストローク (mm) 83.5 x 91.2 83.5 x 91.2
圧縮比 14.8 14.8
最高出力 110 kw (150 PS)/6,000rpm 109 kw (148 PS)/6,000rpm
最大トルク 195 N m (19.9 kgf m)/2,800rpm 192 N m (19.6 kgf m)/2,800rpm

 

CX-3 のガソリンエンジンのトルク/パワー特性


SKYACTIV-G 2.0 2017モデルの特性カーブを元に2018モデルの特性カーブを(想像して)描いてみた。最大トルクが向上した分,全域で(適当に)トクルの値を高め,最高出力と辻褄があうようにしてみた。ディーゼルエンジンの排気量アップに比べるとその差はわずかである。

CX-3 Engine performance curves (G)
CX-3 Engine performance curves (G)

上記の特性はあくまでもフルスロットル時の特性であるので,2018の改良が大幅なパフォーマンス向上には見えないが,トルクアップによりフルスロットルに至らない負荷がより低い領域でも余裕があり実用燃費向上になっているのかもしれないが,体感でわかるほどの差はないだろう(と思われる)。

最近はよく,ドライブセレクションをsportにしてマニュアルモードで走行することが多いのだが,1stギアで加速していると,2,500 rpm ぐらいから(決して心地よいサウンドというわけではないが)エンジンの豪快な音とともに車速が高まる。エンジン回転数の上昇とリンクして速度が上がっていくのは元CVT車乗りとしては気持ちがいい。

加速が欲しいときや定速走行時でも少し勾配のあるところになりトルク不足を感じると,パドルシフトで積極的に低いギアを使っている。ディーゼル車だとアクセル踏み込むだけですむのだろうけど(笑)

国内にCX-3 のガソリン車が登場した際に(海外モデルの排気量そのままで)2 L だったときは,アクセラの 1.5 L エンジンでも良かったのになと一瞬思ったが,2 Lエンジンで正解だったと個人的には思う。1.5 L エンジンだと特に低速トルクが足りないと頻繁に感じていたかもしれない。2 L でももう少し欲しいと思うぐらいなので… SKYACTIV-G 2.0 よりも SKYACTIV-G 1.5 のほうが回して楽しいエンジンとの評価をよく耳にするけど…

Be a CX-3 Driver!

【関連ページ】

マツダ CX-3 ディーゼル車 1.8L と 1.5L のエンジン特性(妄想)

マツダ CX-3 ディーゼル車とガソリン車のトルク/パワーカーブ

 

CX-3 給油記録 #6(2018-01-08)

レギュラーうみゃ〜


2018年 1月 8日(月)に6回目の給油を行った(ガソリン)。2017年12月9日(土)に満タンにして以来の30日ぶりの給油である。今回は,ぎりぎりひと月もたなかった(笑)

レギュラーうみゃ〜
レギュラーうみゃ〜

 

給油情報


今回 前回
ODO 2,518 km 2,007 km
Trip 510.6 km 492.3 km
油種 レギュラー レギュラー
給油量 43.74 L 43.61 L
単価 131 円/L 131 円/L
金額 5,730 円 5,713 円

燃費等


上記の給油情報から満タン法で計算した燃費と車のインパネに表示されるトリップコンピューターの燃費等の情報を下に示す。

今回 前回
満タン法 11.7 km/L 11.3 km/L
平均燃費 12.6 km/L 12.0 km/L
平均車速 20 km 19 km
走行可能距離 5 km → 623 km 0 km → 620 km

満タン法とトリップコンピューターの平均燃費との差は約 0.9 km/L。

ここで走行可能距離は,給油前と給油後の情報である。なお給油前の燃料計の目盛りは0(全体の1/4目盛りの6目盛りの1,全体の1/24)であった。満タンにした際の走行可能距離が 623 km となっており,このとき 13.0 km/L(= 623 km / 48 L) の燃費を想定して算出していることになる。

 

 

CX-3(ガソリン,FF車)のWLTCモード燃費は 16.0 km/L であり,3つの各走行モードではそれぞれ

  • 市街地モード(WLTC-L)で12.2 km/L,
  • 郊外モード(WLTC-M)で16.8 km/L,
  • 高速道路モード(WLTC-H)で 18.0 km/L

となっている。満タン法で 11.7 km/L程度の実燃費ということで,郊外走行,高速走行(180 km程度)も少なからずあった割にはWLTCの市街地モードの燃費を下回る燃費となった。街中のちょい乗りがどうしても多いので,特にこの時期,エンジンが冷めた状態だと燃料を多く吹くのでどうしても燃費的には厳しくなるのだろう。2 L ガソリンエンジンなので,それ相応の実質燃費に落ち着きそうである(ちなみに,前乗っていた車両(2 L ガソリンエンジン)では,市街地走行ばかりだと 6〜7 km/L であった)。

今回の 510 km 程の走行では,高速道路の走行が 180 km 程度,で,それ以外は市街地走行がメインであった。慣らし期間は一応終えたことにしているがエンジン回転数はほぼ 3,000 rpm 以下に抑えての走行がほとんどであったが,市街地走行の際は発進加速時に i-DMの青ランプを狙って意図的にアクセルをグイッと踏み込む加速をたびたびしている(笑)。
i-STOP は新車一ヶ月点検(9月24日,711km)を終えた後ぐらいからはONで走行しており,市街地走行時の停車時にはアイドリングストップを活用するようにはしている。この季節,エアコンOFFで走行することがほとんどであるが,寒くなってきてエンジンが暖まるまでの時間は長く,走行開始時の燃料消費は多くなってきているはずである。

CX-3(FF車)の燃料タンク容量は 48 L である。今回の給油量は43.74 Lだったので,まだ 4.2 L 程残量があったことになる。8 km/L 程度の燃料消費率で走行した場合,33 km は走行可能である。今回給油直前のトリップコンピュータの走行可能距離は 5 km となっており,トリップコンピューターの表示は安全サイドの情報を提供していると言える。

今回,燃料残量警告灯は燃料計の目盛り 2コマ,ODO 2,491 km,走行可能距離 47 km のあたりで点灯した(前回は 49 kmあたりでの点灯であった)。なお,取扱説明書の 554ページによると燃料残量警告灯は残量が 9 L 前後になったときに点灯するとのこと。今回,残量警告灯が点灯してから 27 km しか走行していないが,走行可能距離は 5 km となっていることから,燃料が少ないときの走行可能距離は実際の走行距離の1.5倍ぐらいの速さで減少していく感じである。

燃料残量警告灯点灯
燃料残量警告灯点灯

給油履歴と燃費


これまでの給油履歴と燃費データ(満タン法)は下記のとおり.油種はすべて「レギュラー」である.

# 給油日 ODO Trip 給油量 単価 金額 燃費
#6 2018-01-08 2,518 km 510.6 km 43.74 L 131 円/L 5,730 円 11.7 km/L
#5 2017-12-09 2,007 km 492.3 km 43.61 L 131 円/L 5,713 円 11.3 km/L
#4 2017-11-04 1,515 km 556.2 km 43.53 L 129 円/L 5,615 円 12.8 km/L
#3 2017-10-08 959 km 473.3 km 43.00L 127 円/L 5,461 円 11.0 km/L
#2 2017-09-09 486 km 469.4 km 43.66L 124 円/L 5,414 円 11.8 km/L
#1 2017-08-18 16 km — km 34.24L 123 円/L 4,212 円 — km/L

 

これまでの走行距離,総給油量,総燃料代,燃費は下記のとおり。ここで走行距離,総給油量およびガソリン代の括弧内の数値は初回の給油を除いた値である(燃費計算と走行コスト計算に使用)。

走行距離 2,518 km (2,502 km)
総給油量 251.78 L (217.54 L)
総燃料代 32,145 円 (27,933 円)
燃費 11.50 km/L (8.69 L/100km)
走行コスト 1,116 円/100km (8.96 km/100円)


Be a CX-3 Driver!

【関連ツイート】

 

【関連ページ】

CX-3 給油記録 #5(2017-12-09)

CX-3 新車一ヶ月点検(2017-09-24)

CX-3 20S PROACTIVE 納車!

新燃費基準のWLTCとMazda CX-3のガソリン車

 

CX-3 給油記録 #5(2017-12-09)

レギュラーうみゃ〜


2017年12月 9日(土)に5回目の給油を行った(ガソリン)。11月4日(土)に満タンにして以来の35日ぶりの給油である。今回は,ひと月もった(笑)

レギュラーうみゃ〜
レギュラーうみゃ〜

 

給油情報


今回 前回
ODO 2,007 km 1,515 km
Trip 492.3 km 556.2 km
油種 レギュラー レギュラー
給油量 43.61 L 43.53 L
単価 131 円/L 129 円/L
金額 5,713 円 5,615 円

燃費等


上記の給油情報から満タン法で計算した燃費と車のインパネに表示されるトリップコンピューターの燃費等の情報を下に示す。

今回 前回
満タン法 11.3 km/L 12.8 km/L
平均燃費 12.0 km/L 13.6 km/L
平均車速 19 km 19 km
走行可能距離 0 km → 620 km 8 km → 653 km

満タン法とトリップコンピューターの平均燃費との差は約 0.7 km/L。

ここで走行可能距離は,給油前と給油後の情報である。なお給油前の燃料計の目盛りは0(全体の1/4目盛りの6目盛りの0,全体の0/24)であった。満タンにした際の走行可能距離が 620 km となっており,このとき 12.9 km/L(= 620 km / 48 L) の燃費を想定して算出していることになる。

 

CX-3(ガソリン,FF車)のWLTCモード燃費は 16.0 km/L であり,3つの各走行モードではそれぞれ

  • 市街地モード(WLTC-L)で12.2 km/L,
  • 郊外モード(WLTC-M)で16.8 km/L,
  • 高速道路モード(WLTC-H)で 18.0 km/L

となっている。満タン法で 11.3 km/L程度の実燃費ということで,郊外走行も少なからずあった割にはWLTCの市街地モードの燃費を下回る燃費となった。ちょい乗りが多いので,エンジンが冷めた状態だと燃料を多く吹くのでどうしても燃費的には厳しくなるのだろう。2 L ガソリンエンジンなので,それ相応の実質燃費に落ち着きそうである(ちなみに,前乗っていた車両(2 L ガソリンエンジン)では,市街地走行ばかりだと 6〜7 km/L であった)。

今回の 492 km 程の走行では,高速道路の走行は行っておらず,市街地走行がメインであるが,郊外走行も多少なりにあった。慣らし期間は一応終えたことにしているがエンジン回転数はほぼ 3,000 rpm 以下に抑えての走行がほとんどであったが,山道で初のSPORTモードをONでの走行を行い上まで少しブン回すといった燃料を大幅に喰うような走りも僅かではあるが行った。また,市街地走行の際にも発進加速時は,i-DMの青ランプを狙って意図的にアクセルをグイッと踏み込む加速をたびたびしている。
i-STOP は新車一ヶ月点検(9月24日,711km)を終えた後ぐらいからはONで走行しており,市街地走行時の停車時にはアイドリングストップを活用するようにはしている。この季節,エアコンOFFで走行することがほとんどであるが,寒くなってきてエンジンが暖まるまでの時間は長く,走行開始時の燃料消費は多くなってきているはずである。

CX-3(FF車)の燃料タンク容量は 48 L である。今回の給油量は43.61 Lだったので,まだ 4.4 L 程残量があったことになる。8 km/L 程度の燃料消費率で走行した場合,35 km は走行可能である。今回給油直前のトリップコンピュータの走行可能距離は 0 km となっており,トリップコンピューターの表示は安全サイドの情報を提供していると言える。このことからもう少し給油まで走ろうと思っていたが,我が家のセカンドドライバーから「給油所へ直行せよ」との命を受け,給油するに至った(笑)

今回,燃料残量警告灯は燃料計の目盛り 2コマ,ODO 1,979 km,走行可能距離 49 km のあたりで点灯した(前回は 50 kmあたりでの点灯であった)。なお,取扱説明書の 554ページによると燃料残量警告灯は残量が 9 L 前後になったときに点灯するとのこと。今回,残量警告灯が点灯してから 28 km しか走行していないが,走行可能距離は 0 km となっていることから,燃料が少ないときの走行可能距離は実際の走行距離の倍ぐらいの速さで減少していく感じである。

 

給油履歴と燃費


これまでの給油履歴と燃費データ(満タン法)は下記のとおり.油種はすべて「レギュラー」である.

# 給油日 ODO Trip 給油量 単価 金額 燃費
#5 2017-12-09 2,007 km 492.3 km 43.61 L 131 円/L 5,713 円 11.3 km/L
#4 2017-11-04 1,515 km 556.2 km 43.53 L 129 円/L 5,615 円 12.8 km/L
#3 2017-10-08 959 km 473.3 km 43.00L 127 円/L 5,461 円 11.0 km/L
#2 2017-09-09 486 km 469.4 km 43.66L 124 円/L 5,414 円 11.8 km/L
#1 2017-08-18 16 km — km 34.24L 123 円/L 4,212 円 — km/L

 

これまでの走行距離,総給油量,総燃料代,燃費は下記のとおり。ここで走行距離,総給油量およびガソリン代の括弧内の数値は初回の給油を除いた値である(燃費計算と走行コスト計算に使用)。

走行距離 2,007 km (1,991 km)
総給油量 208.04 L (173.8 L)
総燃料代 26,415 円 (22,203 円)
燃費 11.46 km/L (8.73 L/100km)
走行コスト 1,115 円/100km (8.97 km/100円)


Be a CX-3 Driver!

【関連ツイート】

【関連ページ】

CX-3 給油記録 #4(2017-11-04)

CX-3 新車一ヶ月点検(2017-09-24)

CX-3 20S PROACTIVE 納車!

新燃費基準のWLTCとMazda CX-3のガソリン車